読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマガ情報ドットコム

アニメや漫画に興味がある人のための、情報共有ブログです。

いよいよ、ネットフリックスがオリジナルアニメの制作に乗りだすという話

アニメ

今年の9月、日本に上陸を果した動画配信サービスNetflix。

Huluと並んで日本の二大動画配信の一翼を担っているわけですが、このネットフリックスがオリジナルアニメの制作・配信に関心を持っています。

そもそも、今年の10月の段階でも、ネットフリックスはオリジナルアニメの制作を匂わせていました

しかし、今回の情報は、創業者にしてCEOのリード氏がディール・ブック・カンファレンスでのインタビューで発言したもの。

より全社的なプロジェクトであることがうかがえます。

ネットフリックスは、2016年にも韓国やインドといったアジア地域への進出を加速させる予定があります。アニメやボリウッドといったローカルコンテンツを制作することで、ローカルユーザーとグローバルユーザーの両方を獲得しようという戦略のようです。

で、こうした外国資本によるコンテンツへの投資が話題になると、「外人に○○の良さはわからない」とか「海外資本が入ると魅力がなくなる」という反応が起こります。

実際、Forbesの記者も「海外からの投資を歓迎する制作会社がある一方、金と同時に口を出されるのではと懸念する会社もある」といった主旨のことを書いています。

ネットフリックスにはすでにオリジナルドラマの成功例があるとはいえ、それはあくまで欧米向けの作品。日本やアジア向けのオリジナルコンテンツが成功するかは未知数です。この意味では、前述の反応も妥当とはいえますが、しかし、西洋人ってのは憎らしいほどにグローバル展開が上手いんですよね。

ネットフリックスが企画・脚本・制作をすべて欧米のスタジオで行うというのであれば、そのアニメはおそらく日本では受け入れられないでしょう。しかし、たとえばスタジオジブリと組んだらどうでしょう。日本の超ヒットマンガを原作にして、腕利きの海外ドラマ脚本家が脚本を書き、日本の大手スタジオが巨大資本を背景にこれでもかとばかりにキャラを動かしまくるアニメがあったら・・・。

ちょっとワクワクしてきませんか?