読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマガ情報ドットコム

アニメや漫画に興味がある人のための、情報共有ブログです。

北米マンガ業界―低迷を打ちやぶるヒットがやってきた―

マンガ

Publisher Weeklyという出版業界を扱っているサイトに、北米マンガ市場についての記事がありました。

NARUTO』や『フルーツバスケット』によって盛り上がった北米マンガ市場ですが、2000年代後半からは低迷が続いていたらしく、書店や出版社は新たなヒット作を待望していたそう。それが、2010年代になると『進撃の巨人』、『ワンパンマン』、『東京グール』のおかげで持ち直してきているという記事です。

この記事によると、北米でのマンガセールスのピークは2007年の$210million。それが2012年には$65millionになり、2013年と2014年には持ち直したものの、それぞれ$70million、$75million程度だったそうです。

進撃の巨人』のヒットの恩恵はマンガ市場を活性化させることにもつながり、講談社や各社のマンガに興味も示すファンも増やしました。その証拠に、2008年に出版された『Fairly Tale』が最も売れたのは2015年であり、第一巻が最も売れたのも2015年だったそうです。

記事の中ではヒット作の要因にも触れられています。それによれば、やはりアニメ化の影響は大きいようで、英語版の配信が始まった2013年にマンガの売り上げも増加したとか。

 

BBCによる取材記事 萩尾望都と国連とマンガの性表現と・・・

マンガ

ここ数年、日本のマンガの性描写が国際社会から非難されることが多くなっていますが、それに関連した記事がBBCにありましたので紹介します。

性的なシーンを描いたのが女性漫画家であることや、日本では女性も女性のためのポルノマンガを楽しんでいることなどについて触れていて、海外メディア発の記事にしては、かなり日本に好意的な内容です(記者が日本人だからかな?)。

アメコミ作家による『進撃の巨人』トリビュート・アンソロジーが出版決定

マンガ

 以前こちらの記事で紹介したアンソロジーですが、無事企画が成立し、発売日も決定したようです。

 Amazonにちゃんとありました。

 発売日は2016年9月20日。

当然ながら英語版ですが、間違いなく日本語訳版も発売されるでしょう。

『進撃の巨人』ファンはもちろん、アメコミファンもお楽しみを。

なお、このアンソロジーについての詳しい説明は、上述の過去記事や元リンクをご覧ください。

 

 

荻上チキsession22「DCコミックスのヒーローたちは何と戦ってきたのか」

マンガ 音声&動画アーカイヴ

荻上チキsession22で、アメコミ特集がありましたのでご紹介。

バットマンvsスーパーマン』の映画公開ということもあり、DCコミックのヒーローたちについて語っています。

出演は、「マーベル映画特集」と同じ面々。

とても賑やかでありながら、各年代ごとのヒーロー像の変化いった大事なことがらにも触れているので、ためになる回です。

それにしても、この番組ってなんでこんなにアメコミびいきなんでしょうか。

スタッフにアメコミ好きがいるのかな?

俺の担任が人気女装コスプレイヤーだった件

小ネタ

という嘘みたいなホントの話がありました。

中国は広東省のとある学生がコスプレイベントの画像を検索していたところ、先生が女装した画像を見つけてしまったという話なんですが、ちょっと、その完成度がすごい。

どっから見ても、女性にしか思えないクオリティ。

ちなみに、その男子生徒が見て先生だと思った画像はこれです。

彼もよくわかったね。

f:id:weekendradio:20160310051107j:plain

どうもこの先生、Crome Moeという有名なコスプレイヤーのようで、元のサイトには、日本語のキャプションがついた画像も掲載されています。

そのほかにも、男子生徒が担任に確認した際のアプリの会話のキャプチャ画像や、Crome Moeさんの小学生時代から社会人までを網羅した画像なんかもあり、中国語がわからなくても楽しいです。